So-net無料ブログ作成

カハラジャパン おえおえ棒 [釣り]

200119.jpg

カハラジャパンのおえおえ棒です。

フックを飲み込まれた時に使うアイテムです。

以前から持っておこうとは思ったんですが、
キャスティングでクーポンを使うための要員として購入しました。

これは200円くらいで買えるんですが、
本当に欲しかったのは以前リューギから発売されてたヤツです。

アイアンフックリムーバーという金属製のがあったんですが、
今は生産終了になっていて入手不能です・・・

売っている時は何度も見かけていたので、
今更ながらその時買わなかったのを後悔してます。



コメント(0) 

DAIWA SS SV 103HL 【SVスプール異常】 [釣り]

今日はリールのメンテナスの第一弾として、
巻いてあるラインを取ったり外装のクリーニングをしていました。

今日はベイトリールだけだったんですが、
スプールを取り付ける時にちょっと違和感を感じました。

そのスプールがこちら。

200105-1.jpg

あれ?と思って他のSS SV 103HLのスプールと比べてみると
やっぱ異常な状態でした。

正常のスプールがこちら。

200105-2.jpg

写真上側のオレンジの部分がインダクトローターなんですが、
最初の写真のはシャフト部分先端側にバネが付いています。

通常はバネがインダクトローターとワッシャーの間に入っていて、
それをCリングで固定しています。

それが、なぜかバネが出ちゃってます・・・

このバネは、キャスト時に遠心力で出ていくインダクトローターを
戻す方向に作用するためのパーツです。

つまりインダクトローターが出てプレート側のマグネットの溝に入る事で
マグネットブレーキが効くわけです。

現状ではバネがプレート側のベアリングとの間に入る形になるので、
インダクトローターを戻す感じにはなってそうですが・・・

ベアリングとの回転面にバネが入ってるのは問題がありそうです。

で、なんでこんな状態になったかですが・・・

まず、EVIS自身が組み立て間違えたと言うことはありません。

SVスプールのインダクトローター部なんて、
今まで分解したことがないので。

で、通常使っててこうなるかと言えばならない気がします。

SVスプールは以前ベアリング側のピンが抜けなくなってしまって、
ダイワ(SLPワークス)に出したことがありました。

が、まさかダイワがこんな状態にするとも考えられません。

そもそもベアリングは反対側のシャフトだし、
ダイワに出したのがこのスプールかもわかりません。

ということで、原因は全く不明です。

インダクトローターの中にあるCリングの脱着にコツが要りましたが、
ひとまず自分で正常な状態に直しておきました。
コメント(2) 

アイリスオーヤマ バックルボックス NSK-130 [釣り]

191221.jpg

アイリスオーヤマのバックルボックス NSK-130です。

釣り具の整理用に購入しました。

使わない割にルアーがどんどん増えているんですが、
ワーム類がいろいろなケースに点在している状況でした。

なので、買ったまま忘れたり・・・という事もありました。

それで、ワーム類はまとめてこのバックルボックスに
収納することにしました。

サイズは外寸が幅約44.5cm×奥行約29.5cm×高さ約15.9cmで
今回は2個購入しました。

もともとAmazonの欲しいmonoリストに入れていたんですが、
先日値段が安くなったタイミングがありました。

それでもウォッチを続けると、10%、20%、30%と安くなり
さらに40数%まで安くなりました。

そして、588円になったタイミングで注文したんですが、
最終的にはその後562円にまで安くなりました。

今は978円に戻ってしまっています。

年末には釣り具周りの整理したいと思っています。



コメント(2) 

DAIWA IGNIS TYPE-R 2003H 【スプール】  [釣り]

191117.jpg

ダイワのイグニス タイプR 2003Hのスプールです。

パワーフィネスを中心にPEラインを使うようになりましたが、
希にフロロにして使いたい時がありました。

その時はPEラインを巻き取ってフロロを巻き直したんですが、
今後のことも考えて替えスプールを購入しました。

イグニス タイプRはすでにカタログ落ちしていて、
パーツ類は在庫のみになっています。

今回はキャスティングで注文したんですが、
2003H用のスプールはすでに在庫少になっていました。

スプールは12000円(税抜き)と結構高いんですが、
クーポンで1000円オフで購入できました。
コメント(0) 

DAIWA STEEZ REAL SLUGGER [釣り]

191110.jpg

ダイワのスティーズ リアルスラッガーです。

以前キャスティングで見かけた時に釣れそうだと思って、
夏休みの木崎湖釣行に向けて購入してみました。

カラーはワカサギです。

結果的には釣れませんでしたが、
動きはかなり釣れそうな感触でした。

このスティーズ リアルスラッガーは、
泉和摩プロが監修したシャッドシェイプワームです。

良いカラーも揃っていて、相模湖にも効きそうです。

比較的安いのも良いです。



コメント(0) 

EVOLTEC EVOTEC Battery Indicator SE-207 [釣り]

191006-1.jpg

エヴォルテックのエヴォテック バッテリーインジケーターです。

今シーズンから使っているエヴォテックのリチウムバッテリーですが、
バッテリー残量を表示するインジケーターが付いていません。

なので、釣りをしている時にバッテリーを見ても
残量がどれくらいあるかがわかりません。

ただ、SE-1230は魚探画面上で電圧がわかるので、
間接的に残量がどれくらいかわかります。

で、問題はエレキ用に使っているSE-121000です。

魚探のバッテリーはゼロになっても最悪問題になりませんが、
エレキのバッテリーはそうはいきません。

というわけで、バッテリーインジケーターSE-207を購入しました。

このSE-207はSE-12750専用となっていますが、
公称電圧が11.1Vのバッテリーには使用可能です。
(SE-121000は公称電圧が11.1Vです)

使い方は簡単で、バッテリーに接続するだけです。

これはコネクトセットなので、着脱可能なDCプラグが付いていて
配線端はクワ型端子で処理されています。

191006-2.jpg

なお、LED一つが10%を示して居るので、
残量は10%単位でしかわかりません。

今まで相模湖で使った感じだと、一日使って
エレキ用が残り50%くらい、魚探用が残り90%くらいです。

通常は接続せず、残量を知りたい時だけ接続しています。
コメント(0) 

EVOLTEC EVOTEC Carry Bag for SE-1230 [釣り]

190929-1.jpg

エヴォルテックのエヴォテック SE-1230用キャリーバッグです。

昨日はエレキで使っているSE-121000用を紹介しましたが、
こちらは魚探で使っているSE-1230用です。

SE-1230用にも防水バッグを探していたんですが、
タイミング良く専用バッグが発売されたので購入しました。

素材はSE-121000用のと同じですが、
デザイン的には違っています。

SE-121000用は手提げ用のグリップが付いていますが、
SE-1230用はグリップが付いていません。

その代わりに着脱できるショルダーベルトが付いています。

SE-1230を入れると・・・

190929-2.jpg

こんな感じです。

SE-1230は2.5kgと軽いので、ショルダーベルトは付けずに
運搬はダイワのマルチバスケットに入れています。
コメント(0) 

EVOLTEC EVOTEC Carry Bag for SE-121000 [釣り]

190928-1.jpg

エヴォルテックのエヴォテック SE-121000用キャリーバッグです。

今シーズンから導入しているリチウムイオンバッテリーですが、
デメリットの一つが完全防水ではないことです。

釣り中に少し水が掛かる程度であればさほど問題ないと思いますが、
雨の日の釣りを考えると防水対策しておきたいところです。

それで、当初アウトドアメーカーのmonoを中心に防水バッグを探してたんですが、
タイミング良くエヴォルテックから専用のバッグは発売されたので購入しました。

素材はコーデュラナイロンで防水なので、
雨やボートに溜まった水の浸入を防いでくれます。

SE-121000を入れてみると・・・

190928-2.jpg

こんな感じです。

蓋は三辺をマジックテープで留める感じになります。

これで雨の日でも安心して使えるのと、
通常時でも傷防止に役立ってくれて良いと思います。

デザイン、サイズ、素材、すべて良いと思うんですが、
手提げのグリップ部分がちょっと短い気がします。

SE-121000の重量が10kg程度なので問題無く持てるんですが、
もうちょっとグリップが長ければ100点です。

ちなみに、ここ二ヶ月バッテリーを使ってませんでしたが、
1%も自然放電されない状態で保たれています。

エヴォルテックさんに聞いてみたところ、
三ヶ月を目安にメンテナンス充電をしてくださいとのことでした。
コメント(0) 

2019/08/13(TUE) 木崎湖釣行記 [釣り]

8/13(火)に、木崎湖に釣りに行ってきました。

メンバーは、KatsuとEVISに加えて
今回はIchiさんが遠征で参加することになりました。

Ichiさんは前日夜に自宅を出発して、
車中泊で臨むスケジュールでした。

KatsuとEVISは4:00頃出発。

安曇野ICを降りて途中にある道の駅の駐車場を見ると、
Ichiさんのっぽい車を発見。

やっぱりIchiさんで、早々と合流できました。

そのままコンビニを経由して木崎湖に到着。

今回もお世話になったのは星湖亭さんです。

190817-1.jpg

まだ時間も早かったので朝食を食べながら作戦タイム。

Ichiさんは初木崎湖と言うことで、
Katsuがいろいろ説明をしていました。

190817-2.jpg

そのまま、ボートの準備を開始。

KatsuとEVISはいつも通り船外機付のハイドロ。

190817-3.jpg

Ichiさんは船外機付の14フィートです。

190817-4.jpg

そして、7:00にスタートとなりました。

190817-5.jpg

まずはIchiさんも一緒に水門方面に行って、
手堅く一匹を釣る作戦にしました。

190817-6.jpg

昨年、EVISもこの水門で縦割り(自作)で小バスを釣りましたが、
今回は縦割り(製品版)を投入すると・・・

すぐに釣れました。

190817-7.jpg

ギルでしたが・・・

と、同時にアシ際でIchiさんもヒット。

190817-8.jpg

早々に木崎湖初バスを釣っていました。

その後は船外機を使って、各ポイントを周りました。

190817-9.jpg

基本的にIchiさんとは別々に釣りをしていましたが、
時々合流するとIchiさんは釣果を伸ばしていました。

当日は暑くて釣りには厳しい一日でした・・・

水温も場所によっては30℃に達する程で、
お昼休憩時のボート屋さんの情報ではディープっぽい、と。

Katsuが実績のあるライトキャロのドラッギングも不発。

そのまま時間は経ち・・・

16:00頃にようやくKatsuのライトキャロにヒット。

190817-10.jpg

場所はキャンプ場前で、ようやくディープで釣れました。

時合か!と粘りましたが、気づけばもうちょっとで17:00。

これで終了となりました。

木崎湖が初めてだったIchiさんは、
小さいながら最終的に8匹釣れたそうです。

EVISはまたもやノーフィッシュ。

何か今シーズンは全然釣れません・・・


<当日のタックル>
・スピニング
 レジットデザイン: ワイルドサイド WSS-ST61UL
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: UVF 月下美人 ライン 月ノ響II+Si 0.4号
 ダイワ: 月下美人リーダー(5lb) ※リーダー

 レジットデザイン: ワイルドサイド WSS64UL
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 サンヨーナイロン: アプロード GT-R ナノダックス クリスタル ハード(4lb)

 レジットデザイン: ワイルドサイド WSS66L
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 サンヨーナイロン: アプロード GT-R ナノダックス クリスタル ハード(4lb)

 レジットデザイン: ワイルドサイド WSS-ST63ML
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: UVF モアザンセンサー 8ブレイド+Si 1号
 ダイワ: 月下美人リーダー(5lb) ※リーダー
コメント(4) 

DECOY S.S.Hook Warm19 [釣り]

190811.jpg

デコイのS.S.フックです。

ミラージュスティック用に購入しました。

ミラージュスティックはマス針、オフセットフックに対応していますが、
マス針で使うには注意するポイントがあります。

というのは、動きを追求した素材のため、
素材自体が結構もろく、針持ちが悪くなってしまいます。

実際、キャスト時にミラージュスティックが
飛んでいってしまったこともありました。

それでオフセットフックを使うとその点が改善されますが、
石川さんが使っているのがコレになります。

サイズは#3です。

YouTubeでミラージュスティックのアクション動画が公開されてますが、
撮影時はマス針を使ってたそうですが、このフックでも同じ動きが出るそうです。


ミラージュスティック(MirageStick) 3.4in アクション動画




コメント(2)